雑記

【新型コロナ対策】咳エチケットで感染拡大を予防する方法

かぜ・インフルエンザ・新型コロナウイルスなどの感染症は

感染者のくしゃみや咳から、ツバなどの飛沫(ひまつ)と一緒にウイルスが放出し

別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込むことで感染が拡大します。

くしゃみや咳で3~5m飛び散るといわれています。

また、くしゃみや咳を手で押さえると、周囲の物にウイルスを付着させてしまうため感染拡大の原因となります。

咳エチケットのポイント

くしゃみや咳が出たら「咳エチケット」で周囲への感染拡大を予防するようにしましょう。

具体的なポイントをご説明していきます。

ティッシュペーパーなどで口と鼻をカバーしよう!

マスクが無く、やむを得ず咳が出てしまいそうな場合は、ティッシュペーパーやハンカチなどで口と鼻を覆ってカバーしましょう。

口と鼻を覆ったティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。

とっさのときは、肘ブロックしよう!

マスクが無く、やむを得ず咳が出てしまいそうな場合は、肘を口元に密着させて肘ブロックしましょう。

手で覆ってしまった場合は、付着した病原体が他に広がらないようにすぐに手を洗いましょう。

マスクをしよう!

感染症にかかっていない人がマスクをするよりも、感染した人がマスクをする方が感染を抑える効果がより高いです。

【正しいマスクの着用方法】

  1. 鼻と口の両方を確実に覆う
  2. ゴムひもを耳にかける
  3. 隙間がないよう鼻まで覆う

正しい手洗いをしよう

【手洗いの前にやっておくべきこと】

  • 爪は短く切っておきましょう
  • 時計や指輪は外しておきましょう

【正しい手洗いの手順】

  1. 流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。
  2. 手の甲をのばすようにこすります。
  3. 指先・爪の間を念入りにこすります。
  4. 指の間を洗います。
  5. 指先・爪の間を念入りにこすります。
  6. 指の間を洗います。
  7. 親指と手のひらをねじり洗いします。
  8. 手首も忘れずに洗います。
  9. 石けんで洗い終わったら、十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。

まとめ

防護服によるウイルスの消毒 無料ベクター

急に38度以上の高熱が出て、

呼吸困難、咳やのどの痛み、全身の倦怠感・関節痛を伴うなど

インフルエンザや新型コロナウイルスを疑うような症状が出た場合は、

無理な出社は避け、早めに医療機関(最寄りの内科や小児科など)を受診しましょう!

以上です。

【新型コロナ対策】免疫力を高める食材・食事のポイントまとめ新型コロナウイルスの感染予防対策として、免疫力を高める食材に関心が集まっています。 今回は、風邪やインフルエンザ、新型コロナウイル...