テレワーク・転職

実話【SESの闇】客先常駐10年の私が退職を決意したブラックな話

筆者の私は昨年(2019年12月)に客先常駐エンジニア生活から遂に卒業(転職)しました。

転職のきっかけは「ある事件」が起こったから。

今回は、SESの闇について実話をもとにお伝えしたいと思います。

 

うちぱぱ
うちぱぱ

SESは闇が深すぎる!近づくな危険!

 

SESについて詳しく知りたい方は下記の記事をどうぞ。

SES(システムエンジニアリングサービス)とは?|派遣と請負の違い今回は私の大嫌いな言葉である、 SES(System Engineering Service)について、 具体的にどのような...

【SESの闇】客先常駐10年の私が退職を決意したブラックな話

闇への道闇への道

筆者の私は、昨年まで社員数12~14人程度のかなり小規模の会社に務めておりました。

当時、その会社は【開発グループ】と【インフラグループ】の2部署があり、私はインフラグループのマネージャーとして、5~6人の部下を抱えていました。

SES企業にお勤めの方はご存じかと思いますが、SES企業では基本的に自分の会社ではなく、お客様先の企業に常駐(いわゆる客先常駐)して働くというスタイルが主流です。

当然、私も客先常駐エンジニアとしてお客様先で業務をしていましたし、部下も全員客先常駐でした。

部下はそれぞれ都内の各企業に散らばっていた為、1年間を通しても2、3回しか会う機会がありません。

そんな中、社長からは常々こういった指示がありました。

 

社長
社長

部下の教育(マネジメント)よろしく頼んだ!

 

うちぱぱ
うちぱぱ

(自分と職場が違う人間(部下)をマネジメントとか無茶ぶりすぎる・・・)

 

SES企業は、いわゆる「普通」の会社と違い、部下が同じ現場(客先)にいることがほとんどない為、実質的に教育・育成をすることがほぼ不可能なのです。

こんな状況ですから、部下育てることは愚か、マネージャーである私もマネジメントを行うことが電話やメールでしか行うことができず、マネージャー自身の私もマネジメント経験を積むことできませんでした。

他にもSES企業には多数のデメリットが存在します。(後ほどご紹介します)

退職のきっかけとなる事件勃発

そんなある日(19年4月頃)、遂に事件は起こりました。

社長からこんなことをメールで確認されました。

 

社長
社長

部下の〇〇君の経費精算書に計上している参考書費用って何のこと?今すぐ○○君に確認して私に教えなさい。

 

うちぱぱ
うちぱぱ

(は?知らねーし。だって別の職場にいるから。社長が直接電話して聞けばええやん!)

 

そんな事は口が裂けても言えないので、渋々、部下にメールで確認。

部下から返ってきたメールの内容をそのままコピペして社長に送ったところ・・・

 

社長
社長

コピペはやめなさい!あなたの言葉で説明してほしいので、明日客先での仕事が終わったら夕方帰社して部下の〇〇君の経費精算書について私に直接説明しなさい。

 

うちぱぱ
うちぱぱ

(は!? めんどくさ!!)

 

コピペで報告したのが手抜きと思われてしまったのなら申し訳ない。

しかし、わざわざ帰社して俺が説明する意味がわからない。

 

うちぱぱ
うちぱぱ

絶対に帰社したくない!俺から説明するのはおかしい!

 

これまでも散々、社長に振り回されイライラしていた私は遂に、社長に激怒。

 

うちぱぱ
うちぱぱ

もうやってられません! 辞めさせて頂きます!

 

社長に電話で一方的にこれまで溜まりに溜まっていた文句を吐き捨てて、退職宣言してしまいました。

この件だけには留まらず、これまで言いたくても言えなかったSESのデメリットのすべてを社長に話しました。

私に罵倒された社長の反応はこんな感じ↓

 

社長
社長

うちぱぱ君、すまなかった。でも一つだけ分かってほしい。SESというのはこういう働き方しかできないのだよ。。それに耐えられないというのなら辞めてもらって構わない。

 

その後、数日議論を重ねた末、2019年11月末をもって、正式に退職しました。

私は社会人になって約10年間、「自分の会社」で働いたことがありませんでした。

今でこそ、システムエンジニアとして一人称で業務を行えるスキルは身につきましたが、これは私自身が客先でプロパー(生え抜き正社員)とコミュニケーションをとりつつ失敗と反省を繰り返しながらスキルアップできるように行動した結果なのです。

つまり私自身も自社の人間(上司や先輩)から何かを教わったということはほとんどありません。

SES企業では、右も左も分からない新人社員がいきなり、先輩社員もいない客先に常駐させられることがザラにあります。

本来であれば、自社の先輩や上司から教わるべきことも、SES企業ではプロパーから教わることしかできないのです。

これまで、世間一般的に「大企業」と言われるような数々の会社に常駐してきましたが、

正直、何の自慢にもなりませんし、メリットもほとんどありません。

唯一メリットを挙げるならば、コミュニケーション力の向上ですね。

ぶっちゃけ、これぐらいしかないです。

SESにはデメリットが山ほどある

渡る世間は鬼ばかり闇ばかり渡る世間は鬼ばかり闇ばかり

何度も口にしてきましたが、私はこの「SES」という言葉が嫌いです。

これからSES企業に行こうか迷っている方、現在SES企業で働いていて、私と同じような悩みを抱えている方にアドバイスします。

SESは絶対におすすめしないです、というか絶対辞めた方がいいです。

私のような同じ思いを抱える人間をこれ以上増やさない為にも、

これまで私が経験した中で、SESのここがデメリットだ!といえる点を最後にお伝えして終わりにしたいと思います

【これぞSESの闇】SESのデメリット一覧

  1. お客様先での常駐がほとんどで自社の名刺は配ることがまずない案件によっては、どこの会社から指示を受けて仕事をしているのかわからなくなることがある。
  2. お客様先で作業を行っているため、自社に対しての帰属意識が薄い。また、そもそも自社にいることが少ないため、自社内のメンバとコミニュケーションがほとんど取れず親しくなりにくい。
  3. 常駐先の社名で振る舞う必要があるため、社外の人間と打ち合わせ等をする場合、名刺は「忘れました」でやり過ごすしかなく、嫌になる。
  4. どんなに平均年収が高くて福利厚生が充実しているようなお客様先に常駐しても、SESの社員にとっては何ら恩恵を受けることはない
  5. そもそも帰社という概念がウザい。常駐先の作業を終えてから定時後(18時以降)に帰社することが多く、帰社後の会議の時間が残業代にならないケースがほとんど
  6. そもそも年収が低い。勤続年数が5年だろうが10年だろうが役職等につかない限り、昇給がほとんどない。(特に3次 – 5次下請け企業)
  7. 『みなし残業』というブラックなSES企業特有の制度があり、毎月20-30h程度の残業代は給与に計上されないケースがほとんど。
  8. 部下が離れた現場に居るため、教育・育成することが不可能に近い。
  9. 現場で作業をしながら、ちょいちょい自社から掛かってくる電話に対応するのが煩わしい。また、忙しいからといって電話に出ずにいると、定時後や帰宅後に電話する羽目になったりするのでこれまた煩わしい。
  10. およそ数ヶ月~1年単位で常駐先が切り替わることが多い為、その都度、新たなお客様先と面接を行わなければならず、まるで就職面接を何度もさせられているかのような感覚に陥ってしまう。

 

終わりに

さぁ、旅立とうさぁ、旅立とう

いかがでしょうか。

SES企業の闇・デメリットについてご理解頂けたでしょうか。

私はSES企業にこれまで10年ほど勤めたのちに退職しました。

現在、大手メーカー系企業に転職しており、とても充実した日々を送っています。

最高の決断をした!と胸を張っている一方で、もっと早く転職していれば…とすごく後悔しています。

もちろん、私とは対象的にSES企業で充実した経験をされた方もいると思います。

なので、私の話は苦い話の一例として読者様の参考にしていただければと思います

そして、将来は絶対に幸せになってほしいと思います。

以上、実話【SESの闇】客先常駐10年の私が退職を決意したブラックな話 でした。

これから転職活動を開始する皆様へ

うちぱぱは、下記の大手転職サイト2社に登録し内定を勝ち取りました。
※社員10名の小さな企業 ⇒ 社員3000名(連結従業員10万名以上)の大手企業に昨年入社することができました。

dodaエージェントサービス
業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!

転職サイトは他にも多数あり、どれを使えばよいか迷うかもしれませんが上記の2サイトは国内でもトップクラスの実績を誇るサイトなので登録しておいて損はないです。

※うちぱぱは上記2サイトだけで内定を勝ち取りました。ぶっちゃけこの2サイトだけで転職活動するには十分ですよ!

 

転職サイトはdoda
【悲報】SES企業は在宅勤務・テレワークできない【ブラックな話】SES企業の皆さん。 日々のお勤めご苦労様です。 でも、残念ながら新型コロナウイルスの影響により、これからの時代は在宅勤務・...
テレワークできない会社は辞めて転職すべき?答えは「YES」 このご時世、テレワークができない会社ってどうなの? 自分の会社がテレワークできないんだけど、辞めるべきかな? テ...
【全業界】転職求人サイト一覧|転職しようか悩んだ時点で答えは出てる!!転職に迷っているそこのアナタ!! 迷っている時点で、もう答えは出ているはずです。 はい、さっさと転職してしまいましょう!! ...