Linux

複数の言語や文字コードに対応したファイルビューワ【lv】|Linuxコマンド基礎

lv

今回は、Linuxコマンドで複数の言語や文字コードに対応したファイルビューワ(lvコマンド)について分かりやすくご説明いたします。

 

うちぱぱ
うちぱぱ
それでは始めましょう!

 

複数の言語や文字コードに対応したファイルビューワ【lv】

複数の言語、文字コードに対応したページャです。Linuxの日本語環境で一般的に使われているEUC-JPやUTF-8、SHIFT-JISの文字コードを、ユーザが意識せずに読むことができます。また、多言語、多文字コードでの正規表現を扱うこともできます。

書式

lv【オプション】ファイル名

オプション

-c エスケープシーケンス(DOSの改行コードなど)を色付きで表示
-I 文字コード 入力ファイルの文字コードを指定
-O 文字コード 出力する文字コードを指定
-W 横幅サイズ 横幅サイズを指定して起動
-H 縦幅サイズ 縦幅サイズを指定して起動
●指定可能な文字コード(日本語文字コード)
j ISO-2022-JP
ej EUC-JP
u8 UTF-8
s SHIFT-JIS

コマンドモード

g ファイルの先頭行に移動
G ファイルの末尾行に移動
b 1ページ上に移動
u 半ページ上に移動
k 1行上に移動
j 1行下に移動
d 半ページ下に移動
f 1ページ下に移動
[Ctrl]+[g] , = ファイルの情報(ファイル名、位置、文字コード)を表示
R 表示しているファイルを再表示
q lvを終了
/ 文字列を上から下に検索。Nで次候補
? 文字列を下から上に検索。Nで次候補

 

コマンド実行例

ファイルを開く

$ lv test.txt    ・・・test.txtを開く
------------------------------------------------
しょうぎ
しょうぎ
しょうぎ

入力/出力する文字コードを指定してファイルを表示する

$ lv -Is -Oej test.txt    ・・・SHIFT-JISで書かれたテキストファイルtest.txtをSHIFT-JISで読み込みEUC-JPで表示
------------------------------------------------
昨日、お酒を飲んだ。宅飲み
ビールを5杯、ワインを3杯飲んだ
二日酔いが辛い


$ lv -Is -Oej test.txt > test.txt.euc    ・・・lvの出力をtext.txt.eucに書き込む
------------------------------------------------

 

lvを通常利用するページャにする場合は、環境変数PAGERに設定する必要があります。

●環境変数への設定例

~/.bashrc ---
export PAGER="lv -c"

 

うちぱぱ
うちぱぱ
今回は以上となります!

 

less
テキストファイルを閲覧する方法【less】|Linuxコマンド基礎今回は、Linuxコマンドでテキストファイルを閲覧する方法ついて分かりやすくご説明いたします。 (func...