Linux

マッチするプロセスにシグナル(SIGTERM)を送る【pkill】|Linuxコマンド基礎

pkill

今回は、Linuxコマンドでマッチするプロセスにシグナル(SIGTERM)を送る方法(pkillコマンド)について分かりやすくご説明いたします。

 

うちぱぱ
うちぱぱ
それでは始めましょう!

マッチするプロセスにシグナル(SIGTERM)を送る【pkill】

 

書式

pkill [オプション] [パターン]

オプション

-シグナル 送るシグナルを指定する

 

パターンにマッチするプロセス名にシグナルを送信します。シグナルは特定の状況が発生した事をプロセスに伝える手段です。デフォルトではSIGTERMを送信します。パターンには正規表現を利用できます。オプションはpgrepと同じものが利用できます。(一部pgrepのみのオプションもあります)

コマンド実行例

「firefox」にマッチするプロセスにSIGTERMを送る

$ pkill firefox

syslogdに設定ファイルを再読み込みさせる

$ pkill -HUP syslogd

 

うちぱぱ
うちぱぱ
今回は以上となります!