Linux

【strings】ファイルから表示可能な文字列を表示する|Linuxコマンド基礎

strings

今回は、Linuxコマンドでファイルから表示可能な文字列を表示する方法(stringsコマンド)について分かりやすくご説明いたします。

 

うちぱぱ
うちぱぱ
それでは始めましょう!

ファイルから表示可能な文字列を表示する【strings】

 

書式

strings [オプション] ファイル名

オプション

-f 行頭にファイル名を出力
-n 数値 指定した数値以上の長さを持つ文字列を表示。デフォルトは4
@ファイル名 stringsのオプションを記述したファイルを読み込む

 

ファイルから表示可能な文字列を表示します。
ファイルはテキストファイル以外のファイル内容を判断するために利用され、デフォルトでは4文字以上の長さの文字列を表示します。テキストファイル以外のファイルとは、売んりファイルやデータファイルを指します。

コマンド実行例

バイナリファイルの中から文字列を表示する

↓バイナリファイルから表示できる文字列がある場合は標準出力に出力
$ strings /bin/ls
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2
libselinux.so.1
_ITM_deregisterTMCloneTable
__gmon_start__
_ITM_registerTMCloneTable
fgetfilecon
freecon
lgetfilecon
libcap.so.2
cap_to_text
cap_free
cap_get_file

文字列の前にファイル名を出力する

 strings -f /bin/ls
/bin/ls: /lib64/ld-linux-x86-64.so.2
/bin/ls: libselinux.so.1
/bin/ls: _ITM_deregisterTMCloneTable
/bin/ls: __gmon_start__
/bin/ls: _ITM_registerTMCloneTable
/bin/ls: fgetfilecon
/bin/ls: freecon
/bin/ls: lgetfilecon
/bin/ls: libcap.so.2
/bin/ls: cap_to_text
/bin/ls: cap_free
/bin/ls: cap_get_file

 

うちぱぱ
うちぱぱ
今回は以上となります!