Linux

【col】逆改行文字をフィルタする|Linuxコマンド基礎

今回は、Linuxコマンドで逆改行文字をフィルタする方法(colコマンド)について分かりやすくご説明いたします。

 

うちぱぱ
うちぱぱ
それでは始めましょう!

逆改行文字をフィルタする【col】

 

書式

col [オプション]

オプション

-b [BackSpace]を出力しない
-f 半改行文字をフィルタしない
-h [Tab]の代わりに複数の空白を出力しない(デフォルト)
-p フィルタ方法のわからないエスケープシーケンスはフィルタせずに表示
-x [Tab]の代わりに複数の空白を出力
-l 行数 メモリにバッファする行数を指定。デフォルトは128行

 

標準入力で入力されたファイルや、文字列の逆改行文字、半改行文字などのエスケープシーケンスをフィルタ(取り除いたり変換したり)し、標準出力に出力します。groffなどの出力を処理するのに役立ちます。manの内容などを印刷する場合などに有効です。
lessやmoreでは、エスケープシーケンスはキープされますが、ページャによっては、自動でエスケープシーケンスをフィルタしてくれるソフトウェアもあります。

コマンド実行例

改行文字をフィルタする

$ man -LC ls | col -bx | less   ⇒出力結果からエスケープシーケンスが消える

 

うちぱぱ
うちぱぱ
今回は以上となります!