雑記

ミルクボーイの漫才ネタを素人が作ってみた|お題その1『ジャグラー』

M-1グランプリ2019で圧倒的な評価を得て優勝を果たしたミルクボーイ。

そのミルクボーイがM-1で披露したネタは、審査員であるはなわ氏からこう絶賛された。

「誰がやっても面白いネタ+この人達だから一番面白いというのがベスト。こういうネタも考えたことあるが出来なかった。人の力と言葉の力とセンスが凝縮されていた。100点に近い99点」

M1放送後には、ツイ民によるミルクボーイパロディが続出するほど、彼らのネタはフォーマットとして「完成」されている。

そこで、今回素人なりにミルクボーイの漫才フォーマットを利用してネタを作ってみた。

面白い面白くないは別として、ネタ作り楽しい。

【お題】ジャグラー(スロット)

内海:どうもー、どうも!ミルクボーイですー。お願いしますー。

駒場:よろしくお願いします。

内海:あぁ ありがとうございます!今、白木屋のコースターを頂きましたけどもね。

二人:ありがとうございます。

内海:もーこんなん、なんぼあってもいいですからね。

駒場:いいですからね。

内海:ありがたいですねーゆうとりますけれどね。

駒場:あのーうちのオカンがね、よくスロット打ちに行くらしいねんけどな、好きなスロット台の名前忘れたらしいねん。

内海:オカン、好きなスロット台の名前忘れてしもたんか。

駒場:そやねん。色々特徴聞くねんけどな、なんの台か分からへんねんなー。

内海:ほんなら俺がオカンの好きな
スロット台の名前一緒に考えてあげるから、どんな特徴あったか教えてみてよー。

駒場:オカンが言うには、ピエロがおって、当たるとランプが光る台や。って言うねんな。

内海:ジャグラーやないかい!その特徴は完全にジャグラーやん、すぐわかったよー。

駒場:でも分からへんねんなー。

内海:何が分からへんのよー?

駒場:俺もジャグラーと思ったんやけどなー。

内海:そうでしょー。

駒場:オカンが言うには、液晶画面に水着を着た金髪の女の子が出てくるって言うんや。

内海:ほなジャグラーと違うかー。
ジャグラーは、筐体にプリントされてるバニーガールで十分やねん、
水着の金髪の女の子いらんねん。そもそもジャグラーに液晶画面ないしなー、
お前のオカン、他に特徴言うてなかったかー?

駒場:オカンが言うには、その台を打ったあと、最近観た映画の「ジョーカー」を思い出したらしいんや。

内海:ジャグラーやないかい!やっぱりピエロにひっぱられてるやないか。
ほんであのピエロ、たまに揃うことあるけど、揃う確率1000分の1位やからな、
なんでピエロ揃って光らへんねんっていつも思うゎー。
ジャグラーってそういうもんやねん。

駒場:でも分からへんねんなー。

内海:何が分からへんのよー?

駒場:俺もジャグラーと思ったんやけどな。

内海:そうでしょー。

駒場:オカンが言うには、当たった時「7を狙って」て言われるらしいんや。

内海:ほなジャグラー違うかー。
ジャグラー打ってて 7を狙ってなんて言われたことないからね。
7を狙うときは、GO GOランプが光ってるときだけやねん。
ほんで、7を揃えても聞こえてくるのは、無機質なBGMだけなんやからー。
しかも音量もデカくてびっくりするんやから。そう言う台なんやからジャグラーは。
ほなもうちょっとなんか言ってなかったかー?

駒場:朝イチから打つ台ではないらしいんや。

内海:ジャグラーやないかい!ジャグラーは朝から打つ台やないねん。
ジャグラーは他の台で負けた後に、たどり着く最後の希望やねん。
ここでの戦いで、少しでも傷を癒せたやつだけが、吉野家の牛丼行けんねん。
豚汁サラダセットにできんねん。ここでも勝てへんやつは、
コンビニでカップラーメンで腹を満たすねん。そういう決まりやから。
そういうもんやから。オカンの好きなスロット台は、ジャグラーで決まり!

駒場:でも分からへんねんなー。

内海:何が分からへんのよー?オカンの好きなスロット台はジャグラーで決まりや。

駒場:オカンが言うには、ジャグラーではないって言ってるんやー。

内海:ほなジャグラーちゃうやないか!
オカンがジャグラーではないと言えばジャグラーちゃうがな!
俺が吉野家の話してる時どう思てたん?

駒場:申し訳ないなと思って。

内海:ほんまにわかれへんがな、それどうなってんねん。

駒場:オトンがいうには、押忍!番長ちゃうかって。

内海:いや、絶対ちゃうやろ!もうええわ。

二人:どうもありがとうございました。

 

 

ミルクボーイの漫才ネタを素人が作ってみた|お題その2『アパホテル』素人なりにミルクボーイの漫才フォーマットを利用してネタを作ってみた。 第二弾。 面白い面白くないは別として、ネタ作り楽しい。...