Windows10

【Windows】お気に入りのアプリを簡単起動できるバッチファイルを公開!

前回、お気に入りのホームページを簡単起動できるバッチファイルをご紹介しました。

【Windows】お気に入りのホームページを簡単起動できるバッチファイルを公開!前回、Windowsのリモートデスクトップ自動接続バッチファイルをご紹介しました。 https://uchipapa.com/wi...

今回はそれの応用版ということで、

いつも使うお気に入りのWindowsアプリを簡単起動してくれる

バッチファイルを作ってみましたので、ご紹介したいと思います。

私は普段、仕事でも結構このバッチファイル使ってるので割と便利ですよ~。

それではまいりましょう。

お気に入りWindowsアプリ起動.bat

以下はサンプルのソースコードになります。

とりあえず、代表的なWindowsアプリをサンプルとして記述してます。

ご自分のお好みにカスタマイズしちゃってください!

@echo off
color 5f

:loop
echo _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
echo _/                                      _/
echo _/   お気に入りWindowsアプリ起動         _/
echo _/                                      _/
echo _/     1. プログラムと機能              _/
echo _/     2. 電源オプション                _/
echo _/     3. ネットワーク接続              _/
echo _/     4. インターネットオプション      _/
echo _/     5. WindowsUpdate                 _/
echo _/     6. レジストリエディタ            _/
echo _/     7. 単語の登録                    _/
echo _/     8. ペイント                      _/
echo _/     9. イベントビューアー            _/
echo _/    10. SystemInfo                    _/
echo _/                                      _/
echo _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
echo.
set /p ui=起動したい設定を「1~10」から選択してください:  

rem 選択範囲外の番号選択した場合のエラー処理
if %ui% lss 1 goto :error
if %ui% gtr 10 goto :error

rem 選択番号に紐づいたアプリ変数設定
if %ui%==1 set APL="appwiz.cpl"
if %ui%==2 set APL="powercfg.cpl"
if %ui%==3 set APL="ncpa.cpl"
if %ui%==4 set APL="inetcpl.cpl"
if %ui%==5 set APL="ms-settings:windowsupdate"
if %ui%==6 set APL="regedit"
if %ui%==7 set APL="C:\Windows\System32\IME\IMEJP\IMJPDCT.EXE"
if %ui%==8 set APL="mspaint"
if %ui%==9 set APL="eventvwr"
if %ui%==10 systeminfo > %temp%\sysinfo.txt
if %ui%==10 set APL="%temp%\sysinfo.txt"

rem お気に入りアプリの起動
start "" %APL%
goto :eof

:error
rem エラーメッセージ表示
echo 選択番号エラー
pause
cls
goto :loop

 

まとめ

会社の業務で起動頻度の高いWindowsアプリって結構ありません!?

特にWindows10のOS設計/構築なんかを主として行っているエンジニアであれば、

このバッチファイルは重宝すると思いますよ!!

みなさん業務効率化できるようにぜひご利用くださいませ~。

以上で~す(^^♪

😊参考書籍😊

https://uchipapa.com/windowsupdate-ikkatsutekiyou-batch/