雑記

【入門講座】RPAとは?WinActorとは?-業務効率化・自動化の未来がこれでわかる-

昨今、アウトソーシングやシェアードサービス及びIT導入の取り組みを

大幅に進展させる技術として注目を集めているRPA(アールピーエー)

そのソリューションであるWinActor(ウィンアクター)について

ざっくりとご説明したいと思います。

それではまいりましょう。

RPAとは

RPAは、「Robotic Process Automation」の略です。

コンセプトは、コンピュータのオペレーション自動化。

コンピュータの中に小さなロボットが居て、人間の代わりにコンピュータ操作を

してくれるといったイメージです。

WinActorとは

2010年にNTT研究所で作られたRPAソリューション。

Windows上で動作するアプリケーションの操作手順をシナリオとして記録し、

シナリオの自動実行を行う事が出来ます。

シナリオの記録、編集、実行機能を有しています。

WinActorでのシナリオ作成

シナリオ作成の流れは以下の通りです。

シナリオ作成の流れ
・記録したいアプリケーションの画面を選択
・WinActorの画面から「記録開始」ボタンを押下
・記録したいアプリケーションで実際に操作を行う。
・操作が完了したら、WinActorの画面から「記録終了」ボタンを押下。
・WinActorのフロー図に、記録したシナリオを追加する。

イメージとしては、Excelのマクロ登録に近いかもしれません。

画面マッチング機能について

画面アプリケーションの画面を認識して、その画面内の特定位置を指定して

クリックなどの動作をさせるシナリオが作れる機能です。

表示する画面のマッチングレベル等、設定する項目は増えますが、

「入力フォームのプルダウン選択」→ 「確認画面への遷移」のような

少し複雑な動きも自動で行う事が出来ます。

繰り返し処理 -データインポート-

登録フォームへの入力値にCSVやExcelファイルなどのリスト情報を順次入力して

リストの内容を自動で全件登録するといったシナリオを作成できます。

これを用いると同じ入力フォームへの大量データ入力などの自動化が可能となります。

繰り返し処理 -フローチャート-

繰り返し処理の機能はシナリオフローチャートにも存在し、

シナリオグループ自体を何回も繰り返すような処理を作る事が出来ます。

シナリオフローチャートの機能の中にはカウントアップという処理があり

繰り返しの回数もフローの中で定義する事が出来ます。

分岐処理 -フローチャート-

直前のシナリオの結果を判定して結果に応じて処理を分岐させる事が出来ます。

講習のサンプルでは画面マッチングの成否によって分岐させる処理を作成していますが、

それ以外のシナリオでも色々応用が出来そうです。

RPA入門講座(無料)のご紹介

私自身もRPAに興味があり資格取得を考えています。

その前段として、入門講座を試してみました。

結構面白いし無料なので、興味がある方はぜひやってみてください。

入門講座をやってみた感想

プログラミング知識不要との触れ込み通り、確かに言語的なものは不要です。

フローチャートで処理の流れを作って、細かい設定を個別にやっていく感じ。

ただ、難しい処理を自動化しようとすると、その細かい設定を行うのが

結構大変な印象を受けました。

PC初心者だとちょっと混乱するかもですね。

ただ、事務作業などのマンパワーを軽減できる可能性は確かにあると感じました。

資格試験に使える程度の知識を身につけたら、社内事務用に何か作ってみたいですね!

以上でーす\(^o^)/

😊参考書籍😊