テレワーク・転職

テレワークできない会社は辞めて転職すべき?答えは「YES」

  • このご時世、テレワークができない会社ってどうなの?
  • 自分の会社がテレワークできないんだけど、辞めるべきかな?
  • テレワークのメリット・デメリットが知りたい

 

うちぱぱ
うちぱぱ
本記事ではこんな疑問を解決します!

 

本記事の内容
  • テレワークができない会社に将来性は無い!
  • 今の会社がテレワークできないなら、転職した方が絶対に良い!
  • テレワークのメリット・デメリットを解説!

 

本記事の信頼性

うちぱぱ(@UchipapaBlog

この記事を書いている私は、新型コロナウイルスをきっかけに自宅でテレワークをするよう会社に命ぜられ、早6ヶ月。現在、毎朝自宅から徒歩10分の保育園に息子を預け、気楽なテレワーク生活を満喫中です。

こういった私が、解説していきます。

転職サイトはdoda

テレワークができない会社に将来性は無い!

テレワークができないホワイトカラー企業(事務系の職種)に将来性はありません。

ハッキリ言って論外です。

新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの仕事やプライベートにおける行動が大きく制限されてしまいました。

治療薬やワクチン開発には、少なくとも数か月~数年の時間がかかると言われており、今後もしばらく今のような制限された状況が続くと思われます。

製造業や接客業など、現場に行かなければ成り立たない業務はやむを得ない部分がありますが、少なくともホワイトカラーの企業はわざわざオフィスへ出社をする必要性がありません。

にも関わらず、テレワーク・在宅勤務を導入しようとしない企業は世の中の変化を全く見ていないとしか言いようがありません。

現在、テレワークを推進する企業は急激に増えています。

例えば、国内大手ITベンダーの富士通では、テレワークを常態化し、国内の既存オフィスの床面積を今後3年かけて50%に削減すると発表しました。

現在、物理的なオフィスを解約・縮小し、固定費を軽減する企業が増えてきています。

それは、テレワークで大半の仕事が成立できることに経営者が気付いたからなのです。

テレワークを推進することで、無駄な経営コストが顕在化します。

経営コストをいかに抑えて、利益を生み出していけるかという姿勢を企業が問われているのです。

そのような世の中の変化を全く見ずに、従来通りの経営を行うような企業が今後も存続していけるとは考えにくいです。

現状維持は、衰退と同じです。

今の会社がテレワークできないなら、転職した方が絶対に良い!

今の状況下で、未だにテレワークができていない。あるいは、テレワークを推奨・導入する気がない企業にお勤めの方は、すぐにでも転職すべきです。

先に述べたように、そのような企業には将来性があるとは思えません。

世の中は常に変化していきます。

今後は、withコロナ時代を見据えた働き方に企業が変化させていかなければなりません。

にも関わらず、会社に出社する以外の選択肢が用意されていないのは、社員のことを大切にしていないことの現れだと思いませんか?

社員のことを大切にしている会社であれば、以下のように考えているはずです。

  • 出社することで、余計なリスクを負わせたくない
  • 1人1人の都合にあった働き方を提供したい
  • ライフ・ワーク・バランスを推進したい
  • 通勤時間の無駄を減らして、業務効率化を図りたい

例えば、グループウェア「サイボウズ Office」を手掛けるサイボウズでは、2010年からテレワークを実施し、「100人100通りの働き方」を目指してきた、現代の働き方におけるパイオニアです。

100人いれば100通りの働き方を用意し、個性に合わせる。そうすることで、社員一人ひとりのモチベーションが向上するのだそうです。

社員1人1人を大切にし、逆に社員はサイボウズで働いていることを誇りに思っていることが感じられる記事でした。

この記事を読み感じたことは、

このご時世、テレワークを導入していない会社は社員のことを大切にする気持ちがない。(※製造業や接客業など、現場に行かないとできない仕事は除く)

ということです。

サイボウズなどの東証一部上場企業の大手だからテレワークが実現できるのではありません。
規模の小さい企業こそテレワークの実現は容易なはず。

自分の会社は規模が小さいからテレワークができないのではないかとお考えの方は大きな間違いです。

人を大切にできない会社で、長く働き続けるのは厳しいのではないでしょうか。

私なら、今すぐテレワークができる企業への転職活動をすべきだと考えます。

テレワークのメリット・デメリットを解説!

テレワークのメリット・デメリットは下記の記事で解説しています。

人生で初めてテレワークをやって気づいた10個のメリット|在宅勤務のここが良い!31歳にして、人生で初めてテレワークを経験しました。 それも、、、 約6か月間!!! ※現在進行形 理由は、新型コロナ...

 

うちぱぱ
うちぱぱ
実際にテレワークをしてみて思った正直な感想を書いてます!メリット多数!

まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございます。本日のまとめになります。

本日のまとめ
  • テレワークに積極的ではない会社に将来性は無し。
  • 自分の会社がテレワークを導入していない、今後も導入予定が無い場合は転職を考えるべき。
  • テレワークにはメリットが多数、確実に人生が豊かになる。

もし、転職にお悩みでしたらエージェントサービスをご利用してみてはいかがでしょうか。

筆者の私はdodaエージェントマイナビエージェントのサービスを利用し、昨年テレワークができる企業への転職に成功しました。

気軽に無料登録できるので、まずは転職への第一歩を歩んでみてはいかがでしょうか。

今回は以上となります。

転職サイトはdoda
【全業界】転職求人サイト一覧|転職しようか悩んだ時点で答えは出てる!!転職に迷っているそこのアナタ!! 迷っている時点で、もう答えは出ているはずです。 はい、さっさと転職してしまいましょう!! ...