Windows10

【Windows10基礎知識】仮想デスクトップの利用方法|初心者入門編

今回は、

Windows10の新機能である仮想デスクトップついて分かりやすくご説明いたします。

うちぱぱ
うちぱぱ
それでは始めましょう!

 

 

仮想デスクトップとは

Windows10では新たに「仮想デスクトップ」機能が追加されました。仮想デスクトップは1つのパソコンで、いくつものデスクトップを同時に利用できる便利な機能です。実際のデスクトップではなく、疑似的なデスクトップを利用して1台のパソコンで複数のデスクトップをできます。Windows10では、タスクビューから仮想デスクトップを利用できます。

仮想デスクトップの追加方法

【タスクビュー】をクリックする

【+ 新しいデスクトップ】をクリックする

【デスクトップ2】が追加される ※クリックするとデスクトップ2が表示される

仮想デスクトップ間でウィンドウを移動する

デスクトップに開いてるウィンドウは、別の仮想デスクトップへと移動できます。デスクトップにたくさんのウィンドウを開いてしまい、分かりにくくなったときには、いくつかのウィンドウを別のデスクトップへと移動すれば、スッキリしたデスクトップで効率よく作業を進められます。

ウィンドウを移動する方法

【タスクビュー】をクリックする

② 移動したいウィンドウを別のデスクトップのサムネイルへドラッグする

③ ウィンドウが【デスクトップ2】に移動した

全ての仮想デスクトップのアプリをタスクバーに表示する

標準の設定では、タスクバーにはそのデスクトップで起動しているアプリしか表示されません。しかし、他の仮想デスクトップで起動している全てのアプリを表示すれば便利な場合もあります。そのようなときは、この技の方法で設定を変更しましょう。

タスクバーに表示する方法

【スタート】ボタンをクリックする

【設定】をクリックする

【システムをクリックする

【マルチタスク】をクリックする

【すべてのデスクトップ】を選択する
(すべてのデスクトップで使用中のアプリがタスクバーに表示される)

すべての仮想デスクトップに同じウィンドウを表示する

特定のウィンドウをすべてのデスクトップに表示することもできます。Webブラウザの検索結果画面などをどのデスクトップでも確認したい時に便利です。

同じウィンドウに表示する方法

【タスクビュー】をクリックする

② ウィンドウを右クリックし、【このウィンドウをすべてのデスクトップに表示する】をクリックする

仮想デスクトップを終了する

仮想デスクトップはタスクビューから閉じることができます。デスクトップを閉じる時、そのデスクトップで起動しているアプリは終了せず、別のデスクトップ(閉じたデスクトップの左隣)へと自動的に移動します。

終了方法

【タスクビュー】をクリックする

② 終了したいデスクトップの【×】ボタンをクリックする

 

うちぱぱ
うちぱぱ
今回は以上となります!