Windows10

【Windows10基礎知識】ロックとサインアウトの違い|初心者入門編

今回は、

Windows10のロックとサインアウトの違いついて分かりやすくご説明いたします。

うちぱぱ
うちぱぱ
それでは始めましょう!

 

 

ロックとサインイン/サインアウトの基礎知識

まずは、ロックとサインイン、サインアウトの基礎知識から学習しましょう。

ロックとは

Windowsの画面を切り替えて、操作できない状態にすること。あらかじめパスワードやPINを設定しているときは、それらを入力してロックを解除する。これによって第三者にパソコンを不正利用される可能性が低くなる。

サインアウトとは

特定のユーザーが利用できるパソコンの操作環境を終了させること。Windowsの場合は起動中のアプリが終了し、サインインができるロック画面が表示された状態になる。

サインインとは

Windowsやオンラインサービスを利用するための認証手続きのこと。IDとパスワードを入力することで、利用者が特定され利用者専用の画面やサービスが提供される。

ロックとサインアウトの違いとは

ロックはWindowsで作業中のアプリがすべて起動したままの状態になります。そのため、ロックを解除すると、ロック前の状態から作業を継続できます。一方のサインアウトは、起動していたアプリをすべて終了します。パソコンでの作業を継続したいときはロック、作業を終了したいときはサインアウトというように使い分けましょう。

 

うちぱぱ
うちぱぱ
今回は以上となります!